2007年11月20日 (火)

素直な気持ち素直なヒトに…

妻からJULEPS象の背中-旅立つ日-がすごくいい曲だから聴いてみてと言われていました。少し前から話題になっていて、JULEPSとは知らずにすでに私はYoutubeでめざましテレビの映像を見ていたのですが、忙しさにかまけてろくに歌詞も聴かず、ゾウさんのアニメーションをちょっと見た程度でした。妻は本当に感動したらしく、私ともその感動を分かち合いたいというので、フルコーラスのアニメーションのバージョンを見てみました。その後、私の素直じゃないコメントが最悪の事態に発展してしまいました。

商業主義やな~。

実は、以前みためざましの映像でDVD発売前のプロモーションのために新橋でそのアニメーションを流したとか、アニメに重ねて¥1,995とか出てきた映像が残っていて、そんな言葉を発してしまいました。その後どうなったかはご想像におまかせします。しかし、そんな言葉を発するなんて、心が荒んでいるではないかと思ってしまいます。多分荒んでますね。本当は、そんなこと本気で思っているわけではないんですが。

その後、部屋に戻って何度も何度も聞いてみました。

ある朝 目覚めたら 神が待ってた
命に終わりが来ると そっと知らされた
どうして 僕だけが 旅立つのか?
運命のさざ波に 声は届かない

一番近くの 大事な人よ
しあわせだったか? それが気がかり

もしも僕がいなくなったら
最初の夜だけ泣いてくれ
君と僕が過ごした歳月(とき)
思い出しながら 見送って・・・

君と会えてしあわせだった
朝の空見上げ 微笑んで
僕はきっと日差しになって
見守っているよ 君のこと

いつかは 誰もみな
迎えが来ると わかっていたはずなのに
他人事(ひとごと)のようで・・・

夕陽がいつもより 美しくて
知らぬ間に溢れ出す 感謝の気持ち

今まで一緒に 歩いた人よ
残して行くこと 許して欲しい
君と会えてしあわせだった
朝の空見上げ微笑んで

僕はきっと日差しになって
見守っているよ 君のこと

もしも僕がいなくなったら
最初の夜だけ泣いてくれ
君と僕が過ごした歳月(とき)
思い出しながら
見送って・・・

この歌を聴きながら色んなことに思いを巡らしていると、ふと目頭が熱くなる自分に気付きました。家族3人でアメリカに移り、1年半のMBA留学生活が経過した今、果たして娘に父親としてどのくらいのことをしてやれたんだろうか?どのくらい思ってあげられているだろうか?妻の心の支えにはなれているんだろうか?無理したり、食べ過ぎたり、飲みすぎたり、心配かけていないだろうか?楽しい思い出を11日刻めてるだろうか?振り返ると、どれも満足にできていないとつくづく思う。忙しいなんて言い訳にならないなとも。

最近、1歳半になった娘は私を遠くに見つけると、「パッパだ~!」と笑いながら言ってくれます。学校から車で帰宅して、ガレージに駐車すると、「パッパかえてきたぁ~!」と走ってくるようにもなりました。そんな成長の1つ1つをつつぶさに見ることすら、昨年は忙しいという言い訳の下に怠ってしまったことは、反省しても反省しきれないと言う気持ちでいっぱいです。もう取り戻せない時間が流れてしまいました。

いつの日か、私にも命に終わりがきてしまいます。それは、明日かもしれないし、50年後かもしれないけど、その時に、妻や娘が楽しく幸せだった日々の生活をあふれるほどに思えるように、またその時に自分自身が後悔しないように、生きていこうと強く思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 5日 (水)

アリゲーター

今日Wake Forest UniversityからNEWSがEメールで届きました。WFU NEWS serviceは学校関係者全体に配信されています。内容は以下の通りです。

Recently, the University learned that an alligator, approximately two feet in length, is in Lake Katherine at Reynolda Gardens. At the suggestion of Forsyth County Animal Control staff, the University has reported the alligator's presence to a non-profit organization that rescues reptiles and moves them to appropriate locations.

Meanwhile, the University Police department asks that people stay away from the alligator and report its exact location if anyone sees it. The number to call is 758-5591 or 758-5911.

The alligator was reported to University Police on August 31. Officers saw the alligator on a log in the lake, near the lake's bank, and promptly contacted Forsyth County Animal Control. That same day, county staff recommended that the University ask Tar Heel Reptile Rescue to capture it. Since that time, the rescue organization has attempted but failed to capture it. Efforts to remove the alligator will continue.

Wake Forest News Service

ということで、どうやら学校が所有しているReynolda Gardenの池にアリゲーターが突如出現したようで、近づかないように呼びかけています。体長は2フィート(60センチ程度)位あり、何度か捕獲を試みたが、失敗したとのことで、NEWSの最後は、アリゲーター捕獲チャレンジはまだまだ続く・・・、と締めくくっています。

この街にワニが生息していたとはちょっと驚きです。1匹いたということは、もっといそうな気がしてなりません。見かけた方、捕まえた方は、皮を剥ぐ前に↑の連絡先に電話してあげて下さい。

以上。
 

※本文中のAlligatorとは一切関係ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月13日 (土)

ドライブするー??

アメリカは車社会。NYなどの大都市を除けば公共交通機関が貧弱で、車がないと生活できません。現在通っているWake Forest Universityの大学敷地内も、学生、教授、スタッフ全員の需要を満たしうる駐車場が完備されています(立体ではなく平面)。敷地内での移動はもちろん車ですし、交差点には信号まであります。これだけの人(学生だけで6000人超)が校内を移動するわけですから、当然ルール違反を犯す者が出てくる訳です。そうした違反者を取り締まる警察までが大学敷地内の一角にオフィスを構え、常に巡回し、駐車違反切符を切りまくっています。私も一度やられてしまいました。駐車場に空きが全く無く、時間も無いのでやむなく教授・スタッフ専用に停めたら5分後に切られました、20ドル。私のようなケースはかわいいもので、障害者用の駐車場や、業者専用駐車場などに停めたならばレッカー移動となってしまいます。

確か都内で通勤していたころは、駅までの所要時間、電車乗車時間、駅から会社までの時間から、家を出る時間を決めていましたが、アメリカ人もそれは同じようです。ただ驚くのは、授業が始まる10分前の7:50でもクラスにはまだ50%も集まっておらず、ラスト1~5分前で駐車場から一斉になだれ込んできます。これほんと毎日同じなんです。もっと早く出ればいいのにって思いますが、彼らも長く寝たいのは同じなんでしょうね。

真冬でも半袖のアメリカ人がクラスに何人かいます。これもやっぱり車社会が関係してるように思います。家を出てすぐ車に乗り、学校の校舎のすぐ横の駐車場に停めて、教室へ入る、外を歩く時間は1分以下、早ければ30秒以内です。

しかし一番車社会を感じさせてくれるもの、それは「ドライブスルー」でしょう。マクドやケンタなどのファーストフードを始め、スタバ、先日新宿にもオープンしたドーナツショップ(Krespy Kreme)、クリーニング、薬局、銀行、イルミネーション、予防接種までドライブスルーです。店内は閑古鳥が鳴いていても、ドライブスルーは行列ができてるシーンは良く見かけます。銀行はATMをはじめ、振込みや預金も空洞のパイプ(ロケットシューターでしたっけ?)を通して行えます。予防接種も特定の地域で実際に行われているようです。また、イルミネーションも日本のルミナリエやミレナリオのように歩いて見るのではなく、車で森全体に施されたイルミネーションをクリスマスソングを聴きながら楽しみます(所要時間20分)。写真など詳しくはこちら(新米ママによる子育て&夫バッシングブログ)。

確かに小さな子供がいる場合は、とても便利だけど、ちょっとやりすぎなんじゃないかと思ったりもします。次は何がドライブスルーになるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

こうして新しい年をアメリカで無事迎えることができたのも、様々な方々のサポートがあってのこと。今後も、感謝の気持ちを忘れずに前を向いて歩いていきたいと思います。

アメリカの正月は、NYにカウントダウンに行けば別の話しですが、ここWinston-Salemにいると、全くその風情を感じません。あの慌しい年末の雰囲気、正月にはこれといって面白くない正月番組を横目でみながらお酒を飲んでは寝る、というものが非常に懐かしくて仕方がありません。

我が家でも、年越しそばを食べ、時差でアメリカではまだ年が明けていないにもかかわらず、日本に年始挨拶の電話などをかけてみたりしました。スカイプで日本の正月番組をおちょこっと覗いてもみました(3分視聴)。そして元旦の今日はなぜだか良く分からないけれど、家族3人しっぽりとたこ焼きパーティをする予定です。うん、とにかくたこ焼きが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

反省と目標

セメスター1を振り返ると反省すべきことが結構あります。

・新米パパとしての役割が十分果たせなかった。日々忙しいのでどうしてもチビちゃんの面倒は妻に完全おまかせとなっていました。春学期はもう少し機会を増やします。

・クラスでの発言機会が少なかった。また、クラスによって偏りがあった。春学期からは最低1クラス2発言以上を心がけて頑張ります。

・時間の使い方が非効率だった。帰宅後にすぐ仮眠せず、やれるところまで一端予習を進めます。

・音楽を聴く時間をケチってしまった。これは自分にとってストレス発散の機会にもなるので、春学期はKANを中心に音楽を聴きます。

・体重が過去最高に達した。酒を飲まなくなり夜は飯をもりもり、夜遅くまで勉強してチョコレートをぽりぽり、昼時間がなくてハンバーガーとポテトとコーラをむしゃむしゃがぶがぶ、ってことで、想像を絶する増加率を経験しました。どうやらストレスで太る性質と勝手に決めていましたが、単に食べすぎってことです。現在晩御飯白飯抜き生活を心がけています。日本一時帰国前までに渡米前体重マイナス4kgを目指します。

まだまだありますが、あんまり書くと達成できなくなるのでこの辺にしておきます。有言実行がいちばん格好良いと思っているので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

海外引越しHow to①

先月中旬に送った船便が到着しました。その数なんと60箱分です。一体何をそんなに送ったのか自分でも疑問に感じるくらいですね。

とりあえず自炊グッズを充実させる為に、キッチンアイテムから開梱をしてみました。


かなり大きな箱からちょろっとお皿と徳利&おちょこが出てきました。残りは詰め物の紙でした・・・・。

実際の荷物はそんなになさそうです。

以前オーストラリアに住んだときの経験から、Temporaryでの海外移住では、荷物は必要最低限に抑えることが鉄則だと肌身を持って感じていました。無駄なもの、貴重品、高価な品や食器などは基本的に日本国内保管にして、安いが日本風の食器を持参して現地で処分するのが良いです。高価な食器などは割れてしまうこともあるし、アメリカ人をディナーに招待したとしても、

”Pretty good!!”

で終わってしまうこともありますし、ダイソーの100円食器でも十分だと思われます。こだわりのある人は別ですよ、もちろん。

かわりに現地で気に入ったものや日本で買えないものを購入して、日本に持ち帰るのが良いのではないかと思われます。また持参する荷物を必要最低限に抑えておかないと、帰国するときに困ります。確実に荷物が増えていますので・・・・。

日本の土産を持参するのも忘れないようにしたいですね。定番の折り紙など・・・。でもやはり書道、盆栽など何かしらの場面で進んで参加できるといいですね。別に書道のプロである必要はないので、軽い気持ちで、でも書道の心構えや基本的なルールくらいはきちっと把握しておくことは必要でしょう・・・。


そういえば引越し荷物の中に入れたはずのトランスが見つかりましぇん。国内保管の荷物にまぎれてしまったのではないか、という嫌な予感がしています。帰国後に発掘される120V のトランスって一体・・・・。


こんなことにならないように、引越しは事前のしっかりとした計画と準備が大切なわけです。

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

昨日車が納車されました。やったー!!
どっかに行きたくなっちゃいますね~。
しかしアメリカは中古車が非常に高いのです。特にホンダ、トヨタあたりは驚くほどに高いです。先日CarMAXで車を探していたところトヨタカローラ5年落ち6.5Kってのがありました。

へぇ~、6万5千キロも走ってんのか~、、、、


ってこれ6万5千マイルじゃないですか。


Kって1000のKね、Kmと違うやん、当たり前か・・・。

っていうことは10万キロも走っている。

でプライスが

ひゃくまんえん!!!!

一気に中古の日本車を買う気を失いました。


、、、で結局アメ車にしたわけです。
Img_1637    













エンジンもボディも馬鹿デカい、JEEP Grand Cherokeeを購入。これで妻も安心して運転できますし子も安全ですね。結構みんなスピード出すんで、あまり小さい車だと自分でもちょっと怖いですから・・・。

さて愛車でCharlotteにでも出かけるかな。

Img_1638

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

MBA | スポーツ | 学問・資格 | 家族 | 旅行 | 日常 | 趣味 | 音楽 |