2007年1月18日 (木)

Chickened Out!?

”Chicken”=(名)にわとり、鶏肉、
        (形)臆病者な、弱虫な
お前はほんとに臆病な奴だ、なんていう時にこのChickenを使うことが良くありますね。アメリカにきて半年、新たな使用方法を発見しました。

今日は朝から雪が降り、学校も閉鎖になる可能性がありましたが、その期待を裏切り通常通りありました。授業が終わった午後から、ここWinston-Salemから1時間半ほど離れたダーラムへ、現在チームで取り組んでいるコンサルプロジェクトのクライアントとのミーティングに出かける予定となっていました。しかしながら、道路にはまだ雪が残っているところもあり、また帰りは凍結も予測されるということで、キャンセルの連絡を入れました。そこへ他チームのDan(別名王子by F氏)がやってきて、今日行かなかったのか?と質問してきました。

”We are chickened out.”

んっ・・・・。何だこの新鮮な響きは。

そうです、Chickenを動詞として使っているんです。
スラングですから正しい英語ではありませんが、ちょっと様子を伺って今度使ってみようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

楽しみながら英単語マスター!

英単語を暗記する作業ってのはほんとつまらないですね。といっても大学受験やら、就職やら、昇進やらで何かとTOEICやTOEFLを受験しなくてはいけなくなる機会も多いと思います。仕事で疲れて帰って単語の勉強なんてそうできるものでもないですしね。さて、そんな超多忙なビジネスパーソンのあなたに楽しみながら英単語を学べるサイトをご紹介します。

単語力
http://www.tangoriki.com/

ご存知の方も多いと思いますが、10問解いてその正確さとスピードであなたの単語力が評価されます。難易度も初級、中級、上級、至難に分かれていて、より難易度が増すごとにあなたの単語力の評価も高くなります。現在約2500人程度が登録していて、単語力に基づいてあなたのランキングが計算されます。また無料バージョンで十分使えます。ゲーム感覚ではあるけれど、繰り返し行うことで記憶にすり込まれます。久々にログインしてみたら300位くらいにいました。知らないうちに少しダウンしてしまってます。うーん、まだまだです。

これまでの人生で長く英語に触れて来ましたが、英語をマスターするのに大切なのは英単語と文法です。ここの基礎力がないと、多少のヒアリングやスピーキングができてもレベルが上がり始めると壁がやってきて、途中から伸び率が低下していきます。少し前までの日本の英語教育で文法、英単語を覚えさせていたことは、決して間違っていなかったと思いますが、昨今の英語教育には非常に危険を感じます。小学校や中学校で毎週1回英会話の授業を取り入れたところで、ほぼ会話能力の向上は望めないでしょうし、親の英語教育に対する認識が誤った方向へ進むことにもなりかねません。そんな時間があるならば、もっとお算数や国語の時間を増やすべきだ!と国家の品格の著者である藤原正彦氏は痛烈に批判していますね。同感です。自国の言葉である日本語を正しく学び、論理的思考の基礎であるお算数をきっちり学んで、日本人として誇れるモノ、サービスを世の中に生み出して貢献していくことこそが、真の国際人としての基盤であり、上辺で話す英会話が日本人の国際化を助長するとは思えません。

いやー、ちょっと興奮してしまいましたが、正直なところ、小学校でほとんど勉強しなかったことが悔やまれてなりません。お算数がどーしてもどーしても苦手なんです。MBAって明けてもくれてもお算数で、逃れることはできません。そして、過去に残したツケは非常に大きかったと痛感しています。基礎体力が不足しているようです。

皆さんも単語力で英語の基礎体力をアップしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

その他のカテゴリー

MBA | スポーツ | 学問・資格 | 家族 | 旅行 | 日常 | 趣味 | 音楽 |