« アリゲーター | トップページ | 素直な気持ち素直なヒトに… »

2007年9月13日 (木)

アントレイベント@バブコック

今日は久々に素晴らしいプレゼンテーションに参加することができました。今日のイベントは、Stan Mandelというアントレを教えるBabcock名物教授のつながりで実現しました。Wake Forest MBAは、アントレの評価も高いですが、これはこのStan Mandel教授の功績が影響していると思われます。

さて、イベントの内容ですが、あるプライベートエクイティが、Babcockの教室で月例のミーティングを行うというものでした。ミーティングといっても、そこには、ベンチャー企業2社とこのプライベートエクイティのメンバーとして名を連ねるAngel(個人投資家)が集まり、実際に、本日プレゼンを行ったベンチャー企業への投資を進めるかを検討するという内容です。そこに学生(Fulltime、Evening、エグゼクティブ)が参加できるというものです。                                                                                                                                                                                         、
流れは以下の通り。

1) Today's agendalにそって、先日投資したX社のその後と現在、投資しなかったZ社のその後などについて、そのほか新しい案件についての報告、意見交換等。

2)2社のベンチャー起業A社、B社による投資家へのプレゼンテーション。

3)質疑応答。

4)ベンチャー企業退出後、投資家がフランクな意見交換を行い、さらなるデューデリジェンスを実施するか否かの検討を行ないました。今回は1社が投資対象予備軍となった模様。ちなみにこの会社へのデューデリジェンスは、希望する学生が参加することができるというおまけがついてきました。

残念ながら、内容についてはコンフィデンシャルにつき一切書くことはできませんが、非常にエキサイティングな2時間でした。企業側も数億円の資金を得る為に当然必至になってくる訳ですし、投資家も大きなビジネスチャンスを逃さないよう鋭い質問を矢継ぎ早に投げかけるといった状況で、普段の授業とは全く違いとても新鮮でした。

アントレ専攻として今日のイベントから感じたことは、いくら素晴らしいマーケティングリサーチをしたとしても、どんなフィナンシャルプロジェクションを作ったとしても、起業家の強い意志と熱い思いがにじみ出てこないと投資家にも伝わらないかもしれません。アントレの難しいところは、そうしたファイナンスやマーケティングで学ぶフレームワークにあてはめて解くということができない、人間味といった面があるのかもしれません。すごく基本的なことですが、人と人とのコミュニケーションを大切にしていくことが、その近道なんでしょうね。

|

« アリゲーター | トップページ | 素直な気持ち素直なヒトに… »

コメント

出ようと思っていて、ころっと忘れたところ、このイベントについて、教えて頂いてありがとうございました。確かに普通経験できないエキサイティングな内容でした。私もアントレ志望なので、授業のフィードバックなどお願いします!

投稿: M | 2007年9月16日 (日) 19時44分

お疲れのところお誘いしてしまったようですみませんでした。といっても、なかなか面白い内容でしたので、2時間あっという間でしたね。最近ENTでビジネスモデルを作ってますが、結構難しいですよ。といっても、私は他の科目より好きですが。

投稿: seiyaman | 2007年9月18日 (火) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143589/7936083

この記事へのトラックバック一覧です: アントレイベント@バブコック:

« アリゲーター | トップページ | 素直な気持ち素直なヒトに… »