« Chickened Out!? | トップページ | 男の道楽ッキング »

2007年8月 5日 (日)

進ぬ電波青年

46c500f1003bf006e01486bccdrnd2349_2

総走行距離約3000マイル(4800キロ)、12泊13日の旅が終わりました。4800キロと言えば、札幌-那覇間を往復してさらにチョロっと走った距離であり、水星の直径位の距離でもあり、また冥王星のの直径の2倍位の距離でもあります。

NC州Winston-Salemを出発し、その後ワシントンDC⇒フィラデルフィア⇒ボストン⇒ポートランド(メイン州)⇒ケベック(カナダ)⇒モントリオール⇒オタワ⇒ナイアガラフォールズ⇒モーガンタウン(何も無いウエストバージニア州)を旅しました。これから先の人生でも経験することのない貴重な旅となりました。旅の詳細はこちらをご覧下さい。

旅行中はチューヤンにもらったっぽい眼鏡を装着し、あの頃の人気番組にちょっと自分をかぶらせてみたりしてました・・・。途中ヒッチハイクしている人を見かけましたが、見てみぬふりにて通過いたしました。世の中危険ですからね。細心の注意を払って危ない橋は渡らない方が良いですから。

そういえばミネソタで橋が崩落しましたが、これから日本も老朽化が進んで危ない橋がどんどん増え始めるそうです。いつ何時自分の身に災難が降りかかるか予測不能です。こればっかりは気を付けようが無いですが、なるべくサササッとスピーディに渡るか橋を使わないような生活で回避するしかなさそうです。昔一休さんが、「この橋渡るべからず」と書かれた札を見て、真ん中を渡っていましたが、そんなとんちは通用しない時代です。

|

« Chickened Out!? | トップページ | 男の道楽ッキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143589/7541891

この記事へのトラックバック一覧です: 進ぬ電波青年:

« Chickened Out!? | トップページ | 男の道楽ッキング »